Lorem ipsum dolor sit amet, conse ctetur adip elit, pellentesque turpis.

モンゴル訪日団100名をおもてなし、年間3500人が訪日する外務省JENESYSプログラム

ようこそ、つなぐひろげるおもてなし協会へ

 03-6681-2265   受付:平日 9:00〜18:00
モンゴル訪日団JENESYSプログラム


モンゴル訪日団100名をおもてなし、年間3500人が訪日する外務省JENESYSプログラム

東京オリンピックを来年に控え、日本を訪れる外国人(訪日外国人)の数は年々右肩上がりに増加しています。
2018年は3,119万人を超え、2020年には4,000万人以上が見込まれています。

訪日する外国人の国別内訳をみると、1位の中国を筆頭に2位が韓国、3位台湾とアジア圏の割合が多く、日本を身近に感じていただけることは大変喜ばしく、期待の気持ちが胸に広がります。

観光白書訪日のグラフ

訪日外国人旅行者は、観光はもちろんのこと、政府が推進するプログラムで来日される外国の方も多くいらっしゃいます。
皆さんは、外務省が毎年日本とアジア大洋州の各国・地域との間で、対外発信力を有し将来を担う人材を年間3500名招へいしている対日理解促進交流プログラム「JENESYSプログラムをご存知でしょうか。

このプログラムは、多くの若者を招へい・派遣し、政治、経済、社会、文化、歴史、外交政策などに関する対日理解の促進を図るとともに、親日派・知日派を発掘し、日本の外交姿勢や魅力等について積極的に発信してもらうことで、外交的な相互理解と友好関係の促進を目的とした交流プログラムです。

この度、株式会社JTBからのご依頼を受け、おもてなし協会では、アジア圏の一国でもあるモンゴル訪日団の皆さまに向けて「おもてなし研修」を実施いたしました。

【講義1】 日本に触れる

モンゴル訪日団JENESYSプログラム
モンゴル訪日団の皆さまご来場の際は、当協会の“おもてなしコンシェルジュ”(着付けの専門家)が、着物でお出迎えをしました。
また、お茶と和の伝統菓子「金平糖」をお持ちすると、皆さま興味深く眺めては美味しそうに召し上がってくださり、最初の気持ちを込めた「おもてなし」をお伝えしました。

そこからは実践を含め、日本のおもてなしを体感していただく講義です。

まずおもてなしの三要素をご紹介しました。

「しつらい」(=空間を整える)
「よそおい」(自分を整える)
「ふるまい」(=行動を整える)

次に、日本独自の振る舞いである「お辞儀」の実践です。
伝統的な型をもつ丁寧さを礼儀とする日本の挨拶は、フレンドリーなスキンシップが日常のモンゴル人の皆さまにとって目新しいものであった様でした。
丁寧さを大切にしたふるまいの一例、日本流の「ペンの渡し方」をご説明し、異文化を楽しく学んでいただきました。

【講義2】 和文化を楽しむ


おもてなしを歴史からひも解く「茶道体験」では、茶道の先生がその場で点てた本格的お点前を作法とともに楽しんでいただきました。
茶の道をきわめた千利休が残した言葉、一期一会とは「今、この場で一緒に過ごす時間は二度と繰り返されることのない一生に一度きりのもの。だからこそこのひと時を大切にし、いま自分にできる限りのベストを尽くす」という意味です。

モンゴル訪日団の皆さまと過ごす本研修もまさに一期一会。
大切な時間を共有できたことに敬意と感謝の気持ちを込めて「おもてなし」を尽すひと時は、異文化交流の一端を担う意味においても大変貴重なものとなりました。

【講義3】 水引とおもてなし

モンゴル訪日団JENESYSプログラム
水引は冠婚葬祭に欠かすことのできない、日本の伝統文化の一つです。
水引には「大切なものを包む」という意味の他に「人と人を結びつける、ご縁を作る」という意味があります。人との絆を強くし信頼関係を深めるものが「おもてなし」であり、水引にも同じ思いが込められているのです。

ここで、おもてなし協会のロゴマークにも使われている水引を実際にご用意し、水引を手にとっていただきました。
最後は水引を一つにつなげて大きな輪になり、日本の美「おもてなし」を通して、世界の方々と分かち合え、心が一つになる瞬間でした。

まとめ

モンゴル訪日団JENESYSプログラム
モンゴル訪日団の皆さまは日本のことをよくご存知で、興味関心があり、グループ毎の名前を決めるときには「ドラえもん」や「すもう」「おりがみ」、アニメの「NARUTO -ナルト-」といった言葉が出てくるほど。
そんな皆さまに日本の文化「おもてなし」を体験していただけたことはたいへん意義が深く、迎える側である私たちにとっても、光栄なことでした。

これからも、おもてなし協会では大切な人と人との絆を深め、「おもてなし」を通して世界がつながっていくことを心より願い、世界との架け橋となる活動を続けてまいります。

オススメ

おもてなし協会では、おもてなしの高度で専門的な知識を身につける「おもてなし資格」を定期的に実施しています。
日本独自のおもてなしや上質なマナー、日本文化に触れながらや学び、おもてなしの知識を活かし高いパフォーマンスを、ビジネスの第一線や就職活動で活かすことができます。
また、外国人の方へ向けたおもてなし研修が大変ご好評をいただいております。外務省JENESYSプログラムでも採択されましたおもてなし研修です。
多くの方のご受講をお待ちしております。
《おもてなし資格》おもてなしコンシェルジュ詳細をみる>