Lorem ipsum dolor sit amet, conse ctetur adip elit, pellentesque turpis.

内定ブルーの乗り越え方

ようこそ、つなぐひろげるおもてなし協会へ

 03-6681-2265   受付:平日 9:00〜18:00
Image Alt

内定ブルーの乗り越え方

早期に内定をもらい、就職活動を終える人・本命はこれからという人・もっとよい就職先を求めて活動を続ける人、とさまざまな就活が混在するこの時期、“内定ブルー”に陥っている人はいませんか?

内定ブルーは、

本当にこの会社でいいのか?

という漠然とした不安。
 

その中身は、

・毎日、通勤電車に乗って、朝から夜まで働き続けられるか?
・職場の人間関係をうまくやっていけるのか?
・能力不足ではないか?
・戦力として活躍できなかったらどうしよう…
・有名企業ではないから、胸を張って生きていけないのでは?
・自分にはもっと向いている仕事があるのでは?
・この会社で働くことが、子どもの頃からの夢だったわけじゃない…

 
このような心配や、人生を取捨選択していくことへの不安が、内定ブルーなのです。
私たちの脳は、生存本能から、不安や恐怖などネガティブなことに注意がいき、ポジティブなことよりも強く記憶してしまうそうです。

内定ブルーは、誰でも陥る可能性があります。
特に、採用の動きが早すぎたためか、自分自身に合った業界・組織をよく理解しないまま内定をもらった人は要注意です。
内定ブルーを解消しておかないと、「人生ブルー」に発展してしまうかもしれません…

自己分析する男女の会社員

対応としては、

1. 自己分析をやり直す
2. 業界を見直す
3. その他の業界や職種を知る努力をする

そのうえで、自分自身の職業人生をデザインしてみましょう。

ずっと好きだったり、関心を持ち続けてきたこと。
資格がないと就けない仕事を除き、今の自分にできること。
社会に必要とされている仕事は何か。

を整理してみましょう。

もしかしたら、その内定が、周囲に惑わされる前の本心にかなった就職先かもしれません。
ほかにも、「譲れない条件を明らかにする」など、職業を決めるために必要な分析はあります。

本当に大事なことは、なりたい自分と、変わらぬ自分らしさが調和する職業に就くこと。

10年後に、「今度は~をやってみたい!」
20年後に、「やっぱり、自分はこれ!」

人の目からみた価値や意味づけに振り回されることなく、40代・50代になっても、自分の原点はここにある、と立ち返れる仕事。

自発的に学ぶことが苦にならない分野は何でしょうか。

好きなこと・やるべきことに尽力したなら、人生の途中で大きく方向転換することがあってもよいのです。
社会に出ないうちから、“意義”ばかりを求めても答えは見つかりません。

仕事を通じて、人との関わりを通して、得られるもの・気づくことはたくさんあります。
その組織・仕事のよいところに目を向けることも大切です。

 


6/19(火) おもてなしミートアップのお知らせ

「おもてなしをつなぐひろげる」ミートアップvol.2を行います。

今回は、ホテルのラウンジで「食べても飾っても美しい!エディブルフラワーで簡単!きれい!フードクリエイトおもてなし講座」を開催します!

日本の美、おもてなしをつなぐ、ひろげるをテーマに毎⽉1回、おもてなし協会では、ミートアップを開催しています。
どなたでも気軽に参加できる交流会です。
ケーキとお茶をいただきながら、おもてなしを通し、自分のキャリアに磨きをかける有意義な90分。

あなたを動かすおもてなし体験、準備してお待ちしております。

次回のイベントご案内まで、しばらくお待ちください。

 
有名講師による即戦力を身につける新入社員研修!
社会人のキホン × 主体性 × チームで働く力で「できる新入社員」へ

おもてなし新入社員研修  「おもてなし新入社員研修」詳細はこちら