Lorem ipsum dolor sit amet, conse ctetur adip elit, pellentesque turpis.

医療従事者に求められるメンタルヘルス

ようこそ、つなぐひろげるおもてなし協会へ

 03-6681-2265   受付:平日 9:00〜18:00
医療従事者に求められるメンタルヘルス

医療従事者に求められるメンタルヘルス

医療従事者は患者の命を預かる仕事であるため、他の職業と比べてプレッシャーを感じやすくなります。
また医療現場では想定外の事態に対処する機会が多くあります。判断力や柔軟性、対応力が求められる職業でもあります。
そのため、医療従事者は強いストレスを感じやすい傾向にあります。うつ病などの精神疾患を発症しないためのメンタルヘルスがどの職業よりも必要になります。
では、どのようなメンタルヘルスが必要になるのでしょうか。

医療関係者とメンタルヘルスの現状

メンタルヘルス
医療従事者は常にプレッシャーを感じながら勤務をしています。
ストレスを感じたら誰かに相談できれば良いのですが、信頼できるスタッフと会う機会が少ない傾向があります。なぜならば勤務体系がシフト制であるためです。
そのため他の看護師や医師と信頼関係を築くことが難しいといった背景があり、一人で悩みを抱えやすくなります。
また医療従事者は患者の命を預かる職業ゆえに仕事ではミスが許されませんため、勤勉でまじめな方が多いです。
自分のミスを許せない方や、合理的に解釈するのが苦手だという方が多い傾向にあります。
これらのストレスから、気持ちの切り替えを行えないまま、さらにストレスを抱えてしまいやすい傾向が高いです。
そのため看護師や医師こそメンタルヘルスが必要なのです。

どのようにストレスに向き合うか

メンタルヘルスとは、自分の心の健康作りを推進することです。
メンタルヘルス習慣を生活に取り入れるための知識を持ち、正しく実践することともいえ、また職場では、信頼出来る人に相談をしたり、話しを聞いてもらい気持ちを穏やかにしていきます。
組織では気配りと援助を円滑に行える仕組み作りを実施します。ただ、多くの医療現場では患者への介助や対応を振り返る習慣はあっても、医療従事者へのメンタルヘルスの実施やサポート体制は、それ程進んでいないのが現状です。
その結果、医療の現場でメンタルヘルスを実施することが難しく、医師や看護師は自分でストレスマネジメントスキルを養う必要があります。
では、どのようにしてストレスと向き合えばよいのでしょうか。ポイントをご紹介します。

 

週に一度自分の気持ちを書き出す

日々業務に追われる医療従事者は、自身のストレスと向き合う習慣が持ちにくいと言えるでしょう。
自分がなぜストレスを感じるのか、そのストレスはどのようなものなのか多忙ゆえ向き合う習慣づけが難しい方も多いです。
そのため、週に1度30分ほどノートやメモなどに自分がストレスを感じた出来事や、なぜストレスを感じたのかを書き出す習慣を身に付けましょう。
また、書き出すことで客観的に自分のストレスと向き合うことができるため、自分の感情やストレス要因に気づくことができます。ノートやメモに記録し続けることで、自身のストレス傾向を知ることができます。

 

ストレス要因を合理的に捉える

医療従事者はまじめで勤勉な方が多いため、自分のミスを許すことができない傾向が高いです。
また合理的に物事を解釈することが苦手な方が多い傾向にあります。
先ほどご紹介したノートに書き出す習慣に慣れてきたら、次は書き出したストレスを読み返し、ストレス要因を合理的に捉える習慣を持ちます。漠然とストレスを感じている時や気持ちの切り替えができない時があると思います。
そのような時は、自分は何故ストレスを感じているのかを書き出し、客観的にストレスと向き合います。ストレスの原因が見えてきたら、次に自分のストレスを認めます。
「○○だったけど傾向と対策が見えた」「今後の課題がみえてよかった」など捉え方を合理的にしていきます。
ストレス要因を認め、前に進むためにどう解釈するかなど、捉えなおすことで気持ちに折り合いが付き、自己肯定感も高まります。

 

リラックス系とレクリエーション系のストレス対処を取り入れる

リラクゼーション
プライベートタイムにはリラックス系とレクリエーション系のストレス対処を取り入れるようにします。
リラックス系では、時間をかけて湯船につかったり、マッサージを受けるなど、自分自身がリラックスできることを積極的に毎日行います。
レクリエーション系では、主に休日に自分が好きなことをとことん行うことで、仕事の疲れを癒す習慣を身に付けましょう。

大切なことはリラックス系とレクリエーション系の両方を生活習慣に取り入れることです。
なぜならば、いつも同じストレスの対処法では体が慣れて飽きてしまいます。ストレス対処にバリエーションを持たすことで、常に新鮮な気持ちでストレスケアを行うことができます。

 

ストレス要因から回避する

「嫌な仕事でもやらなければならない」と考える人は多いですが、誰かに代わってもらえるのであれば、嫌な仕事を回避することができます。
ストレスの要因が把握できているのであれば、あえてストレスを回避することも必要です。

 

信頼できる人に話す

具体的にストレスを相談しなくても、信頼できる人にストレスの愚痴をこぼすだけでもストレスを緩和させることができます。
他の医師や看護師に相談しにくい場合は、外部の人に相談できるように信頼関係を築いておきましょう。

まとめ

普段からストレスを溜めやすい医療従事者の方が、ストレスを感じた時に最も重要な対処法は、感情やストレス要因にこまめに気づくことです。
ストレスが蓄積してしまうことで、自分でストレスに気づきにくくなり、ストレスレベルが高くなります。
ストレスに対する対処法を自分のスキルと捉えて習慣化することで、より正確な仕事と患者へ笑顔を届ける自分の健康状態をキープすることができます。

オススメ

患者さんの心に届く、ホスピタリティの専門家による医療接遇研修。
100を超える医療機関でケア接遇を採用。高い患者様満足。
1名様から受講可能。接遇のキホン × コミュニケーション × ホスピタリティで選ばれる医療機関へ。
東京、大阪、札幌、名古屋、福岡の5都市で公開講座。
おもてなし協会医療接遇研修詳細をみる>