Lorem ipsum dolor sit amet, conse ctetur adip elit, pellentesque turpis.

簡単すぐに使える!飲食店の接客英語~入店から退店まで~

ようこそ、つなぐひろげるおもてなし協会へ

 03-6681-2265   受付:平日 9:00〜18:00
簡単すぐに使える!飲食店の接客英語~入店から退店まで~

簡単すぐに使える!飲食店の接客英語~入店から退店まで~

2020年の東京オリンピックや2025年の大阪万博など、国際的なイベントが目白押しの日本。月別の訪日外国人旅客数も過去最高を更新し続けています。

訪日外国人の方々は日本に期待することの多くに、伝統的な和食をはじめとする日本でのお食事があります。

そこで今回は外国人のゲストをお迎えするにあたり、飲食店で今からすぐに使える接客英語を、実際の入店から退店までの流れに沿ってご紹介します。ぜひ、ご活用ください。

入店のご案内

Hello, how are you? Welcome to OMOTENASHI(お店の名前)!

「こんにちは。ようこそ おもてなし(お店の名前)へ!」
*挨拶にプラスするWelcomeの一言で、歓迎の気持ちを表します。
 

How many people?

「何名様でしょうか?」
 

A table for two?

「2名様でしょうか?」
*お客様の人数によって数字を入れ替えて使います。日本語では席と言いますが、英語ではtableを使います。〇人用のテーブル=〇人席ということです。
 

Do you have a reservation?

「ご予約をいただいておりますか?」

席へのご案内

I’ll show you to your table.

「お席へご案内いたします」
 

This way, please.

「こちらでございます。」
 

Here is your table.

「こちらがお席でございます。」
*何かを指し示したり差し出したりする時に、Here is/are 〇〇.というフレーズを使います。

注文を取る際

Here is the menu.

「こちらがメニューでございます。」
 

Would you like something to drink?

「何かお飲み物はいかがでしょうか?」
*お客様にお飲み物のご希望を伺う丁寧な表現です。
 

May I take your order?

「ご注文をお伺いしましょうか?」
*May I 〜の方がより丁寧な接客英語のフレーズですが、Are you ready to order? といった言い方もできます。
 

Is there anything you can’t (don’t) eat?

「何か食べられないものはありますか?」
*飲食店を訪れる外国人のお客様の中には宗教上の理由や菜食主義、またはアレルギーなどの理由から食べられないものがある方もいらっしゃいますので、注文を取る際に確認しましょう。

飲み物・食事のご提供

Here is your〜.

「こちらがご注文の〜でございます。」
*お料理をお客様の元へお出しする際に使います。
 

Is everything all right?

「ご満足いただいていますか?」
*食事にご満足いただけているかどうかを確認して差し上げると、丁寧な印象になります。
 

May I take your plates?

「お皿をお下げしてもよろしいでしょうか?」
*黙って勝手にお下げしないように、先に一言伝えましょう。

お会計

It comes to 〜yen.

「合計で〜円でございます。」
 

How would you like to pay?

「お支払いはどのようになさいますか?」(現金やクレジットカードなど)
*How would you like〜?は、他にもお肉の焼き加減などご希望を聞くときにも使える便利な表現です。
 

Could you sign here please?

「こちらにサインをしていただけますか?」
*カードのご利用時ご署名をいただくときに使います。
 

Here is your change and receipt. Thank you very much.

「こちらがお釣りとレシートでございます。ありがとうございます。」

お見送り

Have a nice day!

「良い1日をお過ごしください!」
 

We hope to see you again.

「またのご来店をお待ちしております。」
*お会計だけ済ませて終わりということのないように、最後も心を込めておもてなしの一言を添えましょう。

まとめ

簡単なフレーズですが、飲食店での接客英語として、どれも丁寧さのこもったおもてなしの表現ばかりです。

また、料理の詳しい説明を英語でするのは難しい場合もあります。どのような料理かをより分かりやすく伝えるために、あらかじめ英語表記のメニューを作成し、お料理の写真をたくさん載せる等の工夫をすると外国人のお客様にも喜ばれますので、しっかりと用意しておきましょう。

オススメ

つなぐひろげるおもてなし協会では、日本の世界に誇る美しい「おもてなし」を、『人と人とを結び、和を成し、人間力を磨く美学』と定義し、多くの外国人ゲスト、インバウンド事業者、研修講師へ日本唯一のおもてなしサービスをご提供できるよう努めてまいります。 おもてなしインバウンドサービス詳細をみる>